2021-07-28

【音声配信】「生命保険」は公的制度を学んでから加入するのが鉄則です。

様々な生命保険商品がありますが、それらが本当に必要なのかを見極める必要があります。まずは、公的保障の遺族年金や傷病手当がどうなっているか確認したうえで、足らない部分を民間保険で補うのが賢い加入の仕方です。保険のかけ過ぎはお金の無駄です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CONTACT


お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
WEBからのお問い合わせ